【5分で分かる!】八丈島へのアクセス方法(飛行機・ヘリコプター・船)

休日を満喫すべく八丈島へ行こうとアクセス方法を調べている方も多いかといますが、そもそも八丈島ってどこにあってどのような場所なのでしょうか?

今回は八丈島の概要や魅力的なポイントを学びながら、アクセス方法を紹介していきます。

八丈島ってどんな場所?

八丈島の概要

八丈島は伊豆諸島に属する島の1つで東京都から南方面、約300kmに位置しています。
八丈富士、三原山という山を有しており、それぞれ西山、東山という名で呼ばれています。
火山によって生まれた火山島でもあり、4~6千年前まで活動していました。
上空から見ると2つの山が繋がって、ひょうたんのような形をしているため「ひょっこりひょうたん島」のモデルにもなっています。

南国情緒が味わえる八丈島の自然!

1年間の平均気温が18度と温かいので、ハイビスカスやヤシの木といった南国の植物を多く見かけることができます。
日本できれいな海というと沖縄の思い浮かべますが、八丈島の海も負けずきれいで澄んでいます。
熱帯魚などの魚が泳いでいるのを至近距離で確認することができますし、ダイビングポイントではウミガメを見ることもできます。

八丈島は温泉が豊富!

南国気分だけでなく、日本らしい温泉を堪能できるのも八丈島ならではの楽しみです。
八丈島にある温泉は「八丈島温泉」と呼ばれ、島の各地に湧き出ています。
海を一望できるすばらしい景色の温泉から、木々に囲まれた自然の中で滝を見ながら入浴できる温泉などさまざまです。
そんな温泉を満喫したい方であれば湯巡りのできる一日入浴券や温泉入り放題とバス乗り放題がセットになっているBU・S・PA(バスパ)がおすすめです。

色々なアクティビティが楽しめる!

八丈島の豊かな自然をアクティビティを通して思いっきり堪能することができます。
三原山や八丈富士では太古の自然を感じられるヘゴの森散策や光るきのこを探す夜間ツアーが体験できます。
海では釣りはもちろん、シュノーケルやダイビングといった沖縄などでしか味わえないようなアクティビティを楽しむことができます。

飛行機/船を使ったアクセスの詳細

八丈島へのアクセス方法は飛行機、船のいずれかになります。

飛行機であれば移動時間を短縮できるため、島の観光を余裕をもって満喫できます。
船であれば潮風にあたって移動から旅行気分を味わうことができます。

それぞれの好みにあった移動手段を探してみてくださいね。

【飛行機・ヘリコプターでのアクセス】

飛行機(羽田空港~八丈空港)

飛行機では伊豆諸島の島々、三浦半島や房総半島の美しい姿を楽しむことができます。

所要時間は50分ほどでANAから定期便が1日3往復でており、それぞれ7:30,12:15,15:50分発となっています。

75日以前の予約で早期割引が適用され、通常の片道料金23,000円が1万円前後の料金で利用可能です。

(最寄り駅)
京急「羽田空港国内線ターミナル」駅
東京モノレール「羽田空港第2ビル」駅

(予約・運賃等などの問い合わせ)
ANA国内線予約・案内センター
電話 0120-029-222 (携帯電話から) 0570-029-222

ヘリコプター(青ヶ島~八丈島~御蔵島~三宅島~大島~利島)

東方航空のヘリコプターが上記区間で毎日6便運行しており、八丈島以外の島々を観光するのに非常に便利です。

この東京アイランドシャトルは八丈島~青ヶ島間は1,1530円で利用することができ、所要時間は20~25分です。
乗り継ぎ料金は20%引きとなっているので上手く利用することで割安で島々をめぐることができます。

乗り場は八丈島空港内にあるカウンターにて受付が可能です。

(予約のお問い合わせ)
東方航空予約センター
電話 04996-2-5222

(運行状況の問い合わせ)
東邦航空 八丈島事業所
電話 04996-2-5200

【船でのアクセス】

「橘丸」(東京・竹芝桟橋~八丈島・底土港または八重根港)

フェリーは東京都港区の竹芝桟橋から就航している「橘丸」に乗船することができます。
所要時間は片道約10時間20分で1日1便でており、8,150円~と飛行機よりもリーズナブルな料金でご利用が可能です。

橘丸は平成26年より竣工しているため、船内は清潔なレストランやキッズルーム、コインシャワーなどが設備されており、長い船旅でも快適に過ごすことができます。

最寄り駅
ゆりかもめ「竹芝」駅下車
JR「浜松町」駅(北口)から徒歩7分「竹芝桟橋」

(予約のお問い合わせ)
東海汽船予約センター
03-5472-9999

(運行状況のお問い合わせ)
東方航空
04996-2-5200

「あおがしま丸」(八丈島・底土港~青ヶ島・三宝港)

東京からの経路以外にも八丈島より南にある青ヶ島まで、週に4便運行している「あおがしま丸」というフェリーがあります。

八丈島にきたついでに青ヶ島も観光したい場合はこちらを利用することになります。

所要時間は約2時間30分で料金は2,550円、自由席のみとなっています。

(運行状況の問い合わせ)
伊豆諸島開発
電話 04996-9-0033

関連記事一覧

  1. 八丈島 フリージア 八丈富士
PAGE TOP